読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの輪郭

更新するだけ健康になれる気がしています

目の付けどころがユニークな海外ウェブメディア3選

目の付けどころが気になる海外メディアを3つ紹介します。 

 

1. 関係者のコメント引用が光るスポーツサイト「Rookie」

f:id:kana-boon:20140301185723p:plain

「Rookie」は、引用(Quote)を大きく見せたスポーツサイト。

左側にニュースのタイトルと概要、右側に関係者のコメント引用という見せ方。確かにスポーツって、選手自身やコーチ、解説者などのコメントが気になります。

引用はウェブメディアやツイッターフェイスブックなどから集めているようです。この辺りの人力の編集は腕の見せ所だなあと思います。 

他のジャンルでも、例えば政治や経済ニュースの解説などにも応用できたりしそうですね。

Rookie.com | Sports stories told by the players, coaches, and insiders.

 

2. コマースとライフスタイルメディアの融合を目指す「Brit + Co」

f:id:kana-boon:20140301180908p:plain

2011年に設立された、Eコマースとライフスタイルマガジンを組み合わせたサービス「Brit + Co」も注目です。

メディアとコマースの組み合わせは昔からありましたが、ビジュアル重視のコンテンツ、カテゴリー含め、細かいところまで見せ方がきれいです。

ちなみに、このメディアを手がけるブリット・モーリンCEOがPathのデイヴ・モーリンCEOと結婚しているのだそう。

「Brit + Co」については以下の記事が詳しいので、ぜひご覧になってみてください。

Brit + Co.

 

3. 曜日によってテーマとキュレーターが違うメディア「Very Short List」

f:id:kana-boon:20140127225549p:plain

以前、「"スローメディア"を体現する海外ウェブメディア3選」という記事でも紹介した「Very Short List」。

無料のメールレターとキュレーションメディアとして機能しています。メールには、20万人以上が購読中とのこと。

曜日でテーマとキュレーターが決まっており、毎日1本記事が発信されています。このようなミニマムなメディア、テーマやキュレーターを立てたキュレーションメディアは増えてほしいです。

Very Short List

 

以上、引用コメントにもフォーカスするメディア、ビジュアル重視でコマースとの融合を目指すメディア、ミニマムなテーマ型キュレーションメディアの紹介でした。

みなさんは、どのような視点のメディアがお気に入りですか?ぜひぜひ教えてください。