読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの輪郭

更新するだけ健康になれる気がしています

「要するに」がより求められるスマホ時代、アメリカの注目ブログ「ChartGirl」は一つの答えだ!

メディア 編集 ブログ ChartGirl 要約

f:id:kana-boon:20131112035934p:plain

スマホ普及で問われる「キュレーションと要約」

日本でのスマートフォン普及率も50%ほどとなり、スマホネイティブ世代でのそれは85%ほどとなっています。

そんな中、Gunosy(グノシー)などのニュースキュレーションアプリやニュースが快適に読めるSmartnews(スマートニュース)などのニュースアプリも人気を博しています。グノシーに関しては、最近Gunosy LITEというサービスもリリースしています。

一方で、米Yahoo!にも買収されたSummly(サムリー) や日本でもVingow(ビンゴー)Slicenews(スライスニュース)などのニュース要約アプリも注目を集めていますし、Flipboard(フリップボード)なども人気ですね。

スマホ時代はすぐ知りたい、一目で理解したい

スマートフォンが普及してくると、「すぐ知りたい、一目で理解したい」などの「要するに」「つまり」の需要が多くなってきます。 LivedoorニュースLINE NEWSなどに見られる、「ざっくり言うと」もスマホ時代には非常にありがたい工夫です。

海外に目を向けてみても、英フィナンシャルタイムスの「FastFT」では、要約でニュースを伝えていく試みを行っています。「要約のみで足りる」方式はさらに普及していくことでしょう。Circa Newsというニュースアプリでも要約ニュースを読むことができます。 

日本でも分かりやすいニュース解説サイトが登場

また、ニュースサイトに関しては、Yahoo! Japanの子会社「ワードリーフ」が運営する、気になる世の中の動きや社会問題をわかりやすく解説するニュースサイトTHE PAGE(ザ・ページ)や、日経新聞の運営する気になる話題をイラストを通じて提供するメディア「二チペロ」などの新しいサイトも出てきており、分かりやすい記事や要約などに見られる短い、かつ理解しやすい記事がこれから多くなっていきそうですね。

一歩深く読むニュース解説をする新興メディア「The New Classic」なども勢いがあり、これまでメディアが拾っていなかったようなトピックを分かりやすく、時には非常にディープなコンテンツを提供しています。

f:id:kana-boon:20131112040348j:plain

一枚のチャートで多くの情報を分かりやすく伝える「ChartGirl」

分かりやすく、一目で理解できるような情報が求められている中、アメリカの注目ブログ「ChartGirl」は一つの答えを持っています。

海外のウェブメディアのトレンドなどを追っている人はすでにチェックしているかもしれませんが、「ChartGirl」はタイム誌が選ぶ2013年のベストウェブサイト50にも名を連ねているブログです。

急成長中のウェブメディア「Upworthy」未来型のビジネスメディア「Quartz」と一緒にノミネートされていることからもその注目度がわかります。

シンプルだけど大手ウェブメディアがこぞって取り上げる

一枚のチャートで時事的なニュースなどを伝える個人ブログ形式で非常にシンプルな仕組みとなっていますが、ハフィントンポストやワシントンポストなどの大手ウェブメディアにもそのチャートが活用されています。

ソーシャルメディア時代で誰でも発信ができ、爆発的な情報が日々飛び交っています。そんな複雑かつ大量の情報を選び抜き、モノクロのインフォグラフィックにまとめるというのが「ChartGirl」の真骨頂。

さらには、チャートをpdf形式でダウンロードすることもできます。

例えば、先日のツイッター上場に際して作成されたチャートは、 Business Insider, Slate, and The Daily Mailのような大手ウェブメディアにも取り上げられていますし、歌手のテイラースウィフトが男を手玉にとって次々と捨てていることを表現したチャートもかなりの傑作で、The Huffington PostとBro Bibleにて掲載されています。

たった一枚のチャートに、多くの情報をうまく載せている、シンプルさ、潔さがとても良いなと思います。結果、大手ウェブメディアのソースになっているので、非常に価値のあるブログだと思います。

日本でも図解サイトはあるが・・・

日本においても、日経新聞による経済ニュースを写真や図を使って解説するサイト「全図解ニュース解説」や社会経済の実情を統計数字など客観的なデータにもとづくグラフで伝える「社会実情データ図録」などがあります。しかしながら、普段目にすることがあまりありません。もっと現代のメディア環境に合ったチャートブログがあればいいなと思います。

Tokyo Graphic Recorderの清水さんや「シェア=国際保健協力市民の会」広報担当の方、Global Voices編集の@witchbabe23さんなどはビジュアライゼーションを精力的に行われていて、勝手に注目させていただいています。

直感的なニュースサイトの可能性

f:id:kana-boon:20131112050127p:plain

また、最近では「futureful」のような直観的なニュースアプリも出てきています。バブルチャートで、単語と単語をつないでニュースに出会えるという遊びのあるニュースアプリは珍しいので個人的に重宝しています。このようにニュースを探すのが楽しくなる仕組みは素晴らしいです。ぜひ試してみてください。 

今回取り上げた「ChartGirl」のような、情報を理解しやすくするようなチャートやインフォグラフィックをひたすら制作していくブログなんかもやってみたいですね。とても価値ありなので。

 

感想などありましたら、Twitter / Facebookにてお知らせください:)