読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの輪郭

更新するだけ健康になれる気がしています

「激変する音楽業界」と「新しいヒットの方程式」を探る本『ヒットの崩壊』

f:id:kana-boon:20161028023112j:plain

編集を担当した『ヒットの崩壊』(講談社現代新書)が11月15日に発売されます(新書版240ページ)。Kindle版も昨日から予約がはじまりました

著者は音楽ジャーナリストの柴那典さん。「激変する音楽業界」と「新しいヒットの方程式」をテーマに半年以上かけて取材と執筆、ようやく完成しました。

どんな本なのか?

激変する音楽業界、「国民的ヒット曲」はもう生まれないのか?

  • 宇多田ヒカルの登場はJ-POPをどう変えたのか?
  • 小室哲哉はどのように「ヒット」を生み出してきたのか?
  • いきものがかり水野良樹が語る「ヒットの本質」とは?
  • オリコンは「AKB商法」をどう受け止めているのか?
  • なぜ「超大型音楽番組」が急増したのか?
  • 「スポティファイ」日本上陸は何を変えるのか?
  • なぜBABYMETALは世界を熱狂させたのか?
  • SMAP解散発表で広がった購買運動の意味とは?

「ヒット」という得体の知れない現象から、エンタメとカルチャー「激動の時代」の一大潮流を解き明かす。

テレビが変わる、ライブが変わる、ビジネスが変わる。
業界を一変させた新しい「ヒットの方程式」とは…?

誰に取材したのか?

f:id:kana-boon:20161028025232j:plain

【目次】

第一章 ヒットなき時代の音楽の行方

1 アーティストもアイドルも「現役」を続ける時代

  • 「音楽不況」は本当か?
  • CDは売れなくともアーティストは生き残る
  • 「ブームはいつか終わるもの」だった90年代
  • 「遅咲きバンドマン」が武道館へ
  • 終わらなかった「アイドル戦国時代」
  • 音源よりもライブで稼ぐ時代
  • 失われた「ヒットの方程式」
  • 10年代の前提条件

2 みんなが知っている「ヒット曲」はもういらない?

  • 小室哲哉はこうしてヒットを生み出した
  • タイアップとカラオケがもたらしたもの
  • 「刷り込み」によってヒットが生まれた
  • 宇多田ヒカルの登場と20世紀の大掃除
  • AKB48SNSの原理
  • 動員の時代
  • いきものがかり水野良樹が語るJ-POPの変化
  • 音楽は社会に影響を与えているか
  • バラバラになった時代を超えるために
  • 「共通体験」がキーを握る

第二章 ヒットチャートに何が起こったか

1 ランキングから流行が消えた

  • 異様な10年代の年間チャート
  • オリコンチャートからは見えない「本当の流行歌」
  • 「音楽は特典に勝てない」
  • オリコンはなぜ権威となり得たか
  • 「人間の対決」が注目を集める
  • ヒットチャートがハッキングされた
  • そもそもCDを買う意味とは
  • オリコンの未来像

2 ヒットチャートに説得力を取り戻す

  • ビルボードが「複合チャート」にこだわる理由
  • 「ヒット」と「売れる」は違う
  • ランキング1位の曲を思い出せるか
  • 懐メロの空白
  • カラオケから見える10年代の流行歌
  • 定番化するカラオケ人気曲
  • 「J-POPスタンダード」の登場
  • ヒット曲が映し出す「分断」

第三章 変わるテレビと音楽の関係

1 フェス化する音楽番組

  • 東日本大震災が変えたテレビと音楽の歴史
  • 各局で超大型音楽番組が拡大中
  • フェス文化を取り入れて進化を遂げた
  • 「入場規制」が人気のバロメータ
  • スマホでフェスは好相性
  • 制作者の意識はどう変わったか
  • 「メディアの王様」ではなくなった
  • 「音楽のお祭り」を作る

2 テレビは新たなスターを生み出せるか

  • 狙いは「バズる」こと
  • 人気を測る尺度が複数になった
  • テレビの役割は「紹介」になった
  • 『ASAYAN』以降の空白
  • 世界的なスターは今もテレビから生まれている

第四章 ライブ市場は拡大を続ける

  • ライブビジネスが音楽産業の中心になった
  • 「聴く」から「参加する」へ
  • 「みんなで踊る」がブームになった時代
  • 時間と空間を共有する
  • 前代未聞の「事件」がもたらしたもの
  • アミューズメント・パーク化したフェス
  • スペクタクル化する大規模ワンマンライブ
  • ピンク・フロイドユーミンがライブを「総合芸術」に変えた
  • ライブの魅力は「五感すべて」の体験
  • メディアアーティストがライブの未来を作る

第五章 J-POPの可能性――輸入から輸出へ

1 純国産ポップスの登場

  • 洋楽コンプレックスがなくなった
  • J-POPの起源にあった「敗北の意識」
  • ニッポンの音楽の「内」と「外」
  • 演歌も「舶来文化」から生まれた
  • 『風街ろまん』が日本のロックの起点になった
  • はっぴいえんどイノベーション
  • アメリカへの憧れと日本の原風景
  • 洋楽に憧れない世代の登場
  • J-POPが「オリジン」になった
  • なぜカバーブームが起こったのか
  • ブームの仕掛け人は誰か
  • 大瀧詠一の「分母分子論」

2 新たな「日本音楽」の世界進出

第六章 音楽の未来、ヒットの未来

  • 過渡期の続く音楽業界
  • 所有からアクセスへ
  • 拡大するグローバル音楽産業
  • 世界の潮流に乗り遅れた日本の音楽業界
  • 変化を厭い「ガラパゴス化」していた
  • この先に何が訪れるのか
  • 音楽を“売らない”新世代のスター
  • アデルの記録的成功
  • 「ニッチの時代」は来なかった
  • ロングテールとモンスターヘッド
  • サブカルチャーとしての日本音楽
  • 小室哲哉の見出す「音楽の未来」
  • unBORDEの挑戦
  • 健全な「ミドルボディ」を作る
  • 水野良樹が語る「ヒットの本質」
  • 「歌うこと」が一番強い
  • 音楽シーンの未来 

というわけで、『ヒットの崩壊』をよろしくお願いいたします!

本書内では、個人的にずっと関心を寄せている、インターネットやソーシャルメディア普及後の世界的な課題である「フィルターバブル」にも触れています。

ヒットという得体の知れないものに向かい合ったルポルタージュなので、コンテンツを生み出す側、楽しむ側どちらにも発見がある読み物になったと思っています。