読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの輪郭

更新するだけ健康になれる気がしています

フェイスブック共同創業者クリス・ヒューズが経営する政治メディア「The New Republic」から13名の編集者が去った

f:id:kana-boon:20141206025411j:plain

(photo credit: NecatPace.ORG via photopin cc

長い歴史をもち、フェイスブック共同創業者クリス・ヒューズが経営する政治メディア「The New Republic(ニュー・リパブリック)」に動きがありました。

米メディアThe Daily Beastは、「Facebook Prince Purges 'The New Republic': Inside the Destruction of a 100-Year-Old Magazine(フェイスブック王子がThe New Republicを一掃:100年の歴史をもつ雑誌の崩壊の内情)」と伝えています。

シニアエディターをはじめとする社内のスタッフが13名、外部のコントリビューティング・エディターなどを含めると合計で30名近くがこのメディアを去ったようです。 

この背景にあったのは、編集トップだったフランクリン・フォア氏が辞任し、ブルームバーグのデジタルアドバイザーなどを務めていたガブリエル・シュナイダー氏が就任したことがはじまり。

経営を主導するクリス氏とCEOのガイ・ビドラ氏(元ヤフーニュース部長)がこれからバズフィードのようなデジタルメディアカンパニーにしていきたいという考えをもっていましたが、前編集トップのフランクリン氏とは意見が合わなかったのです。

ちょうど1年前くらいには、「『発行部数は20%増、ウェブ読者数は3倍に』 Facebook共同創設者クリス・ヒューズが雑誌「The New Republic」買収から1年半を振り返る」という記事で順調な様子を紹介しました。

30歳のクリス氏が100年の歴史をもつこのメディアをどのように変えていくのか。この状況への対応を含めて注目したいです。

ニュー・リパブリックについては、以下の記事も参考にしていただけたらと思います。