読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの輪郭

更新するだけ健康になれる気がしています

データジャーナリズム中心の調査報道に挑むーードイツ版プロパブリカ「CORRECT!V」

f:id:kana-boon:20140718024746p:plain

海外では、ネット発の調査報道メディアというものがいくつかあります。一番有名なのはおそらく2007年に設立されたプロパブリカでしょう。毎年1000万ドル(約10億円)ほどの寄付を受け、調査報道やデータジャーナリズムに取り組んでいます。

2010年にオンラインメディア初となるピューリッツァー賞を受賞。ニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストなど100以上のメディアとパートナーシップを結び、公益性の高い報道を多くの人に届けています。

今回紹介するのは、ドイツ発の非営利の調査報道メディア「CORRECT!V(コレクティブ)」です。扱うトピックはヨーロッパのことなのですが、まさにプロパブリカ的なアプローチと言えます。

Brost Foundationから、100万ユーロ(約1.3億円)ほどの寄付を受け、データジャーナリズムを用いて、調査報道をおこないます。この資金は3年間の活動費です。

プロパブリカでは、大手メディアと連携して、調査報道を広く伝えていますが、コレクティブの場合も、テレビ局やラジオ局と提携してるとのこと。現在は7名体制ですが、年内に20名へと拡大予定。

ローンチ前には、プロパブリカGlobal Investigative Journalism Networkなど非営利の調査報道機関とも議論をしたそうです。ドイツ初の非営利調査報道メディアとして、どのようにデータジャーナリズムを活用して、調査報道をおこなっていくのか期待したいですね。

プロパブリカは、「Data Journalism Awards 2014」のファイナリストに最多の13個の報道が残るなど、大手(伝統)メディアを含めても、一番データジャーナリズムを効果的に活用できています。

今回のコレクティブはドイツですが、オランダでも骨太なコレスポンデントというメディアが注目を集めており、ヨーロッパのメディア環境もとても興味深いです。

たった8日間で15000人以上から100万ユーロ(約1億3,000万円)もの創設資金を集めた「De Correspondent(コレスポンデント)」というオランダの新興メディアがある。コレスポンデントとは「特派員」という意味だ。

スピーディーで消費的なメディアではなく、寄稿者が特定のテーマを掘り下げていく「スロー・ジャーナリズム」を実践する。広告は掲載せず、年間購読料60ユーロ(約8,000円)という価格の課金制を採用している。

オランダの新興メディア「De Correspondent」が注目される理由とは? オランダ大使館 バス・ヴァルクス氏に聞く 

Germany is getting a data-centric nonprofit newsroom and hoping to build new models for news » Nieman Journalism Lab