読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの輪郭

更新するだけ健康になれる気がしています

圧倒的なBuzzFeed(バズフィード)、フェイスブックでの存在感はハフィントンポストの2倍

f:id:kana-boon:20140324015418p:plain

先日、スクーに登壇した際に、「バズフィード」についてお話ししました。その際のスライドが以下になります。

 

いいね! 2115万、シェア1307万、コメント1641万

スクーの授業の中でも紹介したのが、バズフィードのフェイスブックでの存在感です。

2014年2月のデータ(以下の図を参照)では、1ヵ月間でフェイスブックのいいね!が 2115万、シェアが1307万、コメントが1641万となっており、想像できないレベルの数字を記録しています。

2位のソーシャルニュースサイトのハフィントンポストをも大きく上回っていることが分かります。さらには、ABC News、CNN、ニューヨークタイムズなどの大手メディアとは歴然の違いが見られるほど。

f:id:kana-boon:20140324024829p:plain

(出所:NewsWhipより) 

この数字の背景には、ソーシャルメディアでの受けが良いクイズ人気があるようです。

記事数少ないバイラルメディアも存在感を見せる

このランキングを見ると、「海外バイラルメディア・トッププレイヤー解説」という記事でも紹介したUpworthyやIndependent Journal Reviewなども名を連ねており、バイラルメディアのソーシャル上での人気も伺えます。

圧倒的な記事数の少なさでこれだけフェイスブックでの数字を獲得しているのはやはりすごいことではないでしょうか。

ソーシャル時代に最適なメディアとはどんなものなのか。バズフィードやそのほかのバイラルメディアをヒントに考えてみたいことでもあります。

バズフィードについては、以下の記事も参考にしてみてください。