読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの輪郭

更新するだけ健康になれる気がしています

イーベイ創業者の「ファーストルックメディア」が2つ目のデジタルメディア立ち上げを発表ーーテーマは「金融危機」

メディア ジャーナリズム スタートアップ ニュースサイト

f:id:kana-boon:20140220224255j:plain

(Matt Taibbi氏/Photo : 911truthnews.com

先日、イーベイ創業者が新メディア「The Intercept(インターセプト)」開始ーーNSAの盗聴活動の実態に迫るという記事で、ピエール・オミダイア氏のメディア会社「ファーストルックメディア(First Look Media)」の最初のメディアについて紹介しました。

メディアを牽引するのは元ローリングストーン誌編集長

この話題も残る中、2月19日にローリングストーン誌編集長のMatt Taibbi(マット・タイビ)氏を迎え、2つ目のウェブメディア立ち上げを発表しました。

テーマは現在進行中の「金融危機」。その他、政治(腐敗)などのトピックも、レポーティング、分析、ユーモア、そして憤りなどを交えて伝えていくとのこと。今年の後半には、ローンチされる予定です。

タイビ氏はローリングストーン誌にて、ウォールストリートの不品行やリスクを抱えるグローバル経済などを追っていました。まさにテーマに合った適任者なのです。

最初のメディア「インターセプト」で情報機関について、そして2つ目で金融危機を追う。どちらもマスメディアが報じている話題ではあるものの、オミダイア氏らが仕掛けるので、非常に深く広い視野で情報を届けていくのでしょう(インターセプトはスノーデン資料に基づいているので、暴露的な情報も多くあります)。

アメリカで影響力を持つ数少ないジャーナリストのひとりであるタイビ氏が、オミダイア氏の資金力をもとに、優秀なチームとどのようなメディアにしていくのかは楽しみです。引き続き続報を待ちたいと思います。

ファーストルックメディアの概要については、以下の動画をご覧になってください。