読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メディアの輪郭

更新するだけ健康になれる気がしています

米テックメディア「PandoDaily」、調査報道に注力へ

f:id:kana-boon:20131207002159p:plain

米テックメディア「PandoDaily(パンドデイリー)」が、デジタル出版を手がける「NSFWCORP(Not Safe For Work Corporation)」を買収し、調査報道にも力を入れる動きを見せています。

パンドデイリーは、元テッククランチ編集者Sarah Lacy(サラ・レイシー)が設立したメディアで、シリコンバレーのエコシステムを日々伝えています。

一方の「NSFWCORP」は、元テッククランチコラムニストであるPaul Carr(ポール・カー)によって2011年に設立されたウィークリーデジタルマガジンや月刊誌を発行している出版社。特に長い記事が多く、長文ジャーナリズムが特徴でした。

テックメディアが調査報道部門を立ち上げ

買収によって、同社の代表ポール・カーのみならず、スタッフや寄稿者、デザイナーなどもパンドデイリーに引き継がれることが発表されています。

買収の背景には、2つの媒体社がどちらも調査報道に注力しようとしていたことです。そのため、これを機に調査報道部門を立ち上げ、毎週1〜2本の長文記事(ロングフォーム)を発信していく予定だそうです。

以前、バイラルメディア「バズフィード」が「プロパブリカ」記者を調査部門に迎えたことを紹介しました。海外では、ハフィントンポスト、バズフィード、そして今回のパンドデイリーと調査報道に力を入れる新興メディアが増えています。

「新興メディア×調査報道」については引き続きアウトプットも含めて注目ですね。

 

【参考】